スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南三陸町訪問報告

2014.10.22 11:02|未分類
テラから、南三陸町訪問記が届きました。




 10月15日から18日まで、ボラ仲間のタカさんとミュージシャンの江崎掌さん・リナマメさんと一緒に、南三陸町に行って来ました。今回は、以前から頼まれていたピアノ1台も持って行くことができました。ピアノは、袖浜の仮設住宅にお届けしました。留守番のおばあちゃんがhopeseedsのベンチに座って、ピアノが来るのを待っていてくれました。早速お母さんとお子さん二人の三人で、楽しく使っていただいているようです。ベンチも多くの場所で活躍しているようで、嬉しく思います。

1 (1)
1 (2)
ベンチ1


 また、音楽ボランティアの江崎掌さんとリナマメさんご夫妻で、伊里前保育所・名足(なたり)保育所・あさひ幼稚園・志津川保育所を、子供向けの「みんなで遊ぼう音楽広場」。そして、志津川中学校の仮設と伊里前の仮設住宅で、大人向けの江崎掌ライブとリナマメの倍音セラピーをしました。
 二人の幅の広い音楽性で、子供からお年寄りまで多くの人々に楽しんでいただけました。

1-1.jpg
1-2.jpg
2.jpg
2-1.jpg
2-3.jpg
2-4.jpg
仮園舎

4-1.jpg
4-2.jpg
4-3.jpg
4-4.jpg


 震災から3年半も過ぎて、子供たちの中には震災のことを知らない子供もいます。ただ何も無い町の風景や仮の住まい・仮の園舎など、幼少期の子供の心の中に無意識の不安というものは残るものだと思います。周りで支える大人たちの暖かいサポートがたくさん必要なのだと思います。先生方も子供たちのことをとても気にかけていらして、いろいろ大変な気苦労をされていました。
また来年、音楽ボラで子供たちのところを廻りたいと思います。


 町の中は至る所で堤防の建設・地盤沈下に対する土地のかさ上げなど造成工事が進んでいて、重機が忙しく動き回っています。新しい町のビジョンはだいたい出来上がっているのですが、まだ細かいところは修正があるようです。公営住宅はまだ数棟しか建ちあがっていないようです。建ちあがってもしっかりした家賃が発生するので、仮設住宅を出られない人が多く出るのでは、というお話を聞きました。
 被災した家はなぜか、土地の広さではなく建坪での買い上げになるそうです。高台造成した土地には分譲地もできるので、そこに新たに家を建てる人もいます。見た感じでは、造成にはまだまだ数年の時間がかかるのではないでしょうか。仮設住宅を出て、しっかりとした自分たちの家に落ち着くまでは、なかなか生活と気持ちの安定はないと思います。まだまだガマンの生活は続きます。
10501887_843075259058107_3878787224623543918_n[1]
10458304_843075789058054_3882201976665711614_n[1]
10414634_843075749058058_8616845785468426116_n[1]
10397838_843075382391428_2855999143283160864_n[1]



 さんさカフェが解散してcommons(コモンズ)になりました。建設工事で働く職人のお弁当作りで忙しそうです。お昼にはランチを食べに人々が集まってきます。今回もボラの合間に、コモンズでお茶を飲んだり食事をしたり、練習もさせてもらったりお世話になりました。
commons.jpg
ソフト


 コモンズに置いてあるベンチセットは、Hopeseedsで最初に作ったベンチです。だいぶ色が落ちていたので、他のテーブルと合わせてペンキを塗りました。
べんち3
べんち4
ベンチ2

 夕方には学校帰りの子供たちがコモンズに集まってきます。サンシンズの練習もお店でやります。やまそら祭以来、久しぶりに子供たちに会い、一緒に演奏したりと楽しい時を過ごしました。
3-1.jpg
3-2.jpg
3-3.jpg

 リーダーの大夢くんも来年は大学生。志津川高校の避難所で最初に会った時は中学生でした。あっという間の3年半。
時は流れて、町の人の表情は一見明るくなっているのですが、被災したたくさんの人たちの時はあの日で止まっているのです。前を向こうと必死に毎日戦っているのです。

 
 今回もたくさんの友人と会いました。悲しい話・楽しい話・辛い話・嬉しい話、たくさん話しました。体調不良で会えない人もいました。友人のお孫さんが、「今度はいい津波が来て、町を元の町にしてくれるよ」と慰めてくれたそうです・・・
それでもよろよろと、少しずつ町は出来ていきます。どうか心の傷もすこしずつ癒えていってほしいと願います。
 震災の年に生まれたサケが今年戻ってきます。混乱の中人工授精もできず、海も川もガレキで埋まっていたので無事に産卵できたか不安だったようですが、サケはすくないながら戻ってきているようです。


 今回もたくさんの人のサポートを受けてのボランティアでした。本当に感謝します。
来年の3月には、音楽ボラでまた町に行きます。
 どうか被災地の皆さん、ガンバってください。少しずつ少しずつ進みましょう。Hopeseedsも自分たちにできる事を少しずつ頑張っていきます。                                   テラ



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
 

スポンサーサイト
プロフィール

Hopeseeds

Author:Hopeseeds
hopeseeds代表 寺田 佳之 (テラダ ヨシユキ)

事務所 〒357-0128  埼玉県飯能市赤沢1175-3

代表アドレス hopeseeds@hotmail.co.jp

支援金振込先 ゆうちょ銀行
宮城県南三陸町支援ボランティア 「ホープシーズ」希望の種

 店名) 〇三八(読み ゼロサンハチ)
 店番)038 
 預金種目) 普通預金
 口座番号) 2914381

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。